塚谷刃物製作所は工業用特殊刃物と称されるフレキシブルピナクルダイ・ビジネスフォーム刃・トムソン刃の国内トップメーカーです。

沿革

HISTORY

沿革

昭和26年故塚谷年雄が大阪市城東区鴫野東1-188に塚谷製作所を創立。
貝釦用円筒刃の製造および販売業務開始。
昭和30年大阪府東大阪市長堂2-64に工場移転拡張。
昭和32年トムソン刃の製造開始。貝釦用円筒刃の製造中止。
昭和35年株式会社 塚谷製作所に組織変更。
資本金200万円 代表取締役塚谷俊介で新発足。
合成繊維用・製紙機械用、食品用その他工業用機械刃物各種の製造開始。
昭和36年ビジネスフォーム横ミシン刃製造開始(電算機用紙印刷用)
昭和40年資本金1000万円に増資。
本社工場 八尾市楠根町3-39に新築移転。
商号を「株式会社 塚谷刃物製作所」に変更。
昭和42年資本金2000万円に増資。
昭和45年合成繊維用・製紙機械用、食品用等の刃物製造中止。
昭和49年東京都杉並区和泉3-59-24に東京営業所開設。
昭和52年ビジネスフォーム消耗部品製造開始。
昭和54年資本金9000万円に増資。
昭和59年第2工場 八尾市楠根町2-44に竣工。
昭和62年東京営業所 東京都大田区中央 7-7-3に移転。
平成元年宮町工場 八尾市宮町5-23(現、宮町5-6-40)に竣工。
平成5年奈良第1工場
奈良県五條市住川町1403番地テクノパーク・なら工業団地内に竣工。
第2工場売却。
平成7年フレキシブルピナクルダイの製造開始。
平成10年東京営業所から東京営業部へ組織変更。
平成11年塚谷俊介が代表取締役会長に就任。
塚谷俊哉が代表取締役社長に就任。
平成13年創業50周年記念式典を挙行。
平成14年塚谷俊介が名誉会長に就任。
本社用地(4,498平方メートル)取得。
平成15年中小企業研究センター賞「全国表彰」を受賞。
平成16年本社、八尾市楠根町5-30に新築移転。
平成18年大韓民国に現地法人 塚谷Korea株式会社 を設立。
経済産業省推進事業「IT経営百選」の最優秀賞企業に認定。
平成19年塚谷Korea株式会社竣工。
フレキシブルピナクルダイ製造開始。
経済産業大臣より「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定。
平成23年上海出張所を設立。
創業60周年記念式典を挙行。
平成24年タイ王国に現地法人 TSUKATANI (THAILAND) COMPANY LIMITED を設立。
平成25年TSUKATANI (THAILAND) COMPANY LIMITED 竣工。
平成27年塚谷俊介が会長を退任し、相談役に就任。
平成29年奈良第2工場
奈良県五條市住川町1413番地テクノパーク・なら工業団地内に竣工。